クレジットカードや通帳の手続きをしない人もいますが、できる限りした方が良いです。 なぜなら、住所変更の手続きをしないと、重要な書類が届かない可能性があるからです。 いつまでにしないといけないという決まりはありませんが、忘れてしまう危険があるので、早めにしておいた方が良いでしょう。 クレジットカードの手続きは各クレジットカード会社へ連絡をして、住所が変更したことを伝えてください。 通帳の手続きをする場合は、最寄の銀行に行って住所変更手続きを行います。 必要になるものは、預金通帳、印鑑、住民票や運転免許証などの新住所を証明できる書類です。 最近では、インターネットからも住所変更の手続きができるようになっているので、銀行が近くに無いという人や銀行に忙しくていけないという人は銀行のホームページにアクセスしてください。 あまり使用する機会がない通帳やクレジットカードの手続きは忘れがちですから、漏れがないかチェックしながら行うようにしましょう。